ユニクロがお年寄りにオススメな3つの理由

ユニクロの店内

自分もそろそろお年寄りと呼ばれる世代に入りつつあるので、お年寄りとファッションという切り口で考えてみました。

目次

結論:お年寄りにはユニクロをオススメします

では、なぜオススメなのか?ご説明したいと思います。まず、

年をとると新しい服を買わなくななる?

これには2つの理由があると思います。

  1. 年金暮らしなので経済的な余裕がない
  2. 必要がなくなる(興味がなくなる)

だと思います。もちろん、お年寄りでもお洒落な人はたくさん居ます。ただ、そのファッションはそのお年寄りが若い時に流行っていたファッションであることも多いのが事実です。

そんなお年寄りに最適なファッションこそ、ファストファッションだということに気づいたのです。

ファストファッションと言えばユニクロ

そうユニクロです。

山口県に本社を置き、世界にその名を轟かせるアパレルメーカーブランドであるUNIQLO。「Unique Clothing Warehouse=ユニークな服の倉庫」という意味の略語が由来のユニクロ。その割りに洋服自体のデザインはさしてユニークではない。

いや、むしろ普通の服です。

一見若者の専売特許とも言えるこのユニクロこそが、お年寄りが最も似合い、そして選ぶべきファッションなのです。

以下にその理由を3つご紹介します。

1.ユニクロの服は若く見える

ユニクロの店内
BANGKOK, THAILAND – DECEMBER 22, 2018 : Front of Uniqlo store. Luxury and fashionable brand window display. Winter collection Welcoming the Christmas Festival. Wide screen capture.

ユニクロは比較的カラーバリエーションが多く、個性が抑えられたデザインなので、あまり年代を選びません。ファストファッションゆえの特徴ですが、年代を選ばないということは、誰でも同じように着られるという意味にもなります。

つまり、お年寄りが着ているとファッションの平均値に近くなり、若く見えるのです!

また、商品サイクルが早いため、洋服のシェイプにはトレンドを取り入れて物が多く、デザインはシンプルなのに、カタチは今風でスリムだったり、脇がしまっていてスマートだったりします。

お年寄りがやってしまいがちな、自分が若かった時に来ていた服を着ることによって「若返ろう」という行為の結果、トレンド遅れを招きダサく見えてしまうということになるのです。

ただし、トレンドとは巡っている(厳密には少しづつ変化して巡っている)ので、一周回ってイケているという例外もたまにあります。

2.ユニクロは安くて着まわしを早くすれば臭わない

ユニクロ

お年寄りになると長年着慣れた服が多いので、必然的に臭いがついてしまいます。

この臭いがお年寄りをお年寄りたらしめる大きな要因なのは言うまでもないでしょう。どんなブランド服でも、臭いが染み付いていたらNGです。

これは、別に恥ずかしがることでも、個人の体臭の問題でもありません。年をとるとそのような成分が体から分泌されるのは科学的に立証されています。

もちろん、服自体に年季が入っているという理由もあります。長く着ていれば誰だって洋服に体臭がこびりつくことは有り得るでしょう。

でも、ユニクロであれば、その安さゆえに、着まわしサイクルを早くすることが出来、気軽に買い替えができるので、臭くなる前に服の寿命を全うすることが出来ます。

お年寄りには、現役時代に着ていた愛着ある服を捨てる、という断腸の思いを乗り越えていただき、ぜひユニクロをワンシーズンに一回くらい着まわしてもらいたいものです。

ただし、ユニクロの服は意外と丈夫です。なので安い=粗末という訳ではないのがまたユニクロのすごいところで有ります。意外と洗濯してもほつれてこないのです。

3.ユニクロはお年寄りへのプレゼントに最適

年をとった両親に何を贈ろう?こう迷ったことがある人は多いと思います。

還暦を過ぎ、喜寿(77歳)、米寿(88歳)と言ったお年寄りになると何かと年齢の節目も増え、何をあげようか?と悩むことも多いでしょう。

そう言ったお祝いだけでなく、毎年の誕生日、父の日、母の日など数え出したらキリが有りません。それを全て解決するのがユニクロです。

毎年ユニクロのアイテムを贈りましょう。今年はズボンだったので、来年はセーター。もし、冬が誕生日なのであればヒートテックを毎年送るのも良いでしょう(機能性衣服という本編で言いたいこととは若干外れますが…)。

アイテムごとのカラーバリエーションが豊富なのも贈り物に有効です。同じサイズでいろいろなカラーを毎年あげるのも良いかもしれません。

ちょっと派手な色合いも、お年寄りが着ると可愛く見えたりします。

お年寄りがユニクロを着ない理由がない

ユニクロ

ですよね?どうでしょう?

年金暮らしなので経済的な余裕がない

ユニクロは基本的に安い

ファッションに興味がなくなる(着飾る必要がなくなる)

ファッションに興味がなくても臭くなるのはいやだし周りにも迷惑がかかるかもしれない。ユニクロならそれを解消できる!

これでお年寄りがユニクロを着ない理由はありません。
臭くなる前に、息子に、孫にまで着まわしてもらうことも出来るかもしれません。これも年代を問わないフツーのデザインゆえ出来る技です。

もし、お年寄りとなった両親と、疎遠になったというあなた。

ユニクロに一緒に服を買いに行こう。と誘ってみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

いつも「次」を考えているryosukeです。テクノロジーとエコロジーが好き。チャレンジする人を応援します。

目次
閉じる